てっぺんハゲの治療ならAGA治療クリニック

AGA治療に効果があると言われている薬品にはプロペシアやミノキシジルと呼ばれる薬があります。

飲み薬であるプロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑える働きがあり育毛サイクルの乱れを改善してくれるという効果があります。

一方、ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進する働きがあり毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させるので、発毛を促す効果が期待できます。

しかし、どちらの薬品も発毛剤として開発されたわけではなくもともとは、プロペシアは前立腺がん、ミノキシジルは高血圧の治療薬といして開発されました。

プロペシアにもミノキシジルにも薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたため今ではAGAの治療薬としても処方されています。

インターネットでAGAについて検索してみると画像付きの経過報告を公開しているサイトが出てきます。

多くの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れ始めるようで定期的に写真を公開してくれているので育毛具合がよくわかります。

中にはうさんくさいサイトもありますが経過とともに費用や使用している薬品を紹介してくれるサイトもあるので参考になります。

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が表れることがあるので体験談が記載されていると、これから自分の身に降りかかるかもしれないことなので心強いですね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いみたいですからそれだけ薄毛に困っている男性が多いということですね。

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長が阻害されることにより発症します。

AGAを発症してしまうと髪の毛が十分に成長する前に脱毛してしまうので髪が細くなって短い毛ばかりが残るため薄毛が目立っていきます。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる飲み薬を服用しDHTの生成を抑制することで薄毛の改善を目指します。

プロペシアのほかにはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促す治療法もあります。

両方の治療方法を併用することも可能ですが健康保険の適用外のため、費用が割高になってしまいます。

日本皮膚科学会がガイドラインで認めたプロペシアにはAGA治療に効果があるとされる数少ない薬です。

ですが、どんな薬にも副作用があるので服用前にどんな副作用が起きるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で最も深刻なのが肝機能障害ですが肝機能障害については血液検査でチェックできるので使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの数値に誤差が生じる可能性もあります。

この他にも長期間の服用で男性でも乳癌を発症したりアレルギー等の発症も危惧されています。

AGA治療は保険適用外なので費用は100%自己負担ということになります。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなくひと月1万円近くの費用がかかりました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアで売っている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店の裁量で好きに設定することができます。

ですから、処方してもらう薬品でも価格差があり販売店によっては数千円の価格差も生じるのです。

更に診察を受けなければ処方箋はもらえませんので薬代以外にも、再診料や診察料もかかります。

AGAは遺伝が影響して発症するので個人の体質が大きな要因となるのは間違いありません。

AGA治療はあくまで症状を食い止めるための対症療法にすぎないので根本的に完治するものではないのです。

そのため、AGA治療をストップしてしまうと再び脱毛などが発症して、次第に進行していくことになります。

しかし、AGA治療薬にも副作用の危険性はありますから一生使い続けるのも心配があります。

ですから、ある程度納得できるレベルまで薄毛が改善したと思ったらAGA治療を途中でやめるという判断をするのも必要です。

薄毛にお悩みの方はAGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

保険適用外のため費用はかかってしまいますが市販されている薬よりはるかに効き目があります。

でも、プロペシアは副作用が心配で...という人にはミノキシジルという薬もAGA治療には有効ですから、そちらを使うのも良いでしょう。

ミノキシジルもプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められている薬ですので信頼できる薬品です。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用と服用する内服薬がありますが、国内でAGA治療に認められているのは外用だけとなっています。

AGA治療ではプロペシアという内服薬や塗り薬ではミノキシジルを配合した医薬品が使われます。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋を受けとらなければ手に入れることはできません。

ミノキシジルが配合されている育毛剤は医薬部外品なので薬剤師がいるドラッグストアで販売されています。

ミノキシジルにはプロペシアと同様に飲み薬もありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬はインターネットで買う事ができますが100%自己責任なのでお勧めすることはできません。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば日々の食生活にも気を付けることが大事です。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりと言う食生活では脂質を摂り過ぎてしまったり塩分過多による血行不良の恐れも。

日頃から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂り亜鉛もしっかり摂ることで抜け毛や白髪の予防をしていくことが大切です。

タンパク質はタマゴや乳製品などに多く含まれていて亜鉛はレバーや牛肉などに多く含まれています。

緑茶には血圧の上昇を抑えてくれる効果だけでなくリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスに悩まされている方にオススメです。

AGA治療は健康保険適用外の治療なので医療費は100%自腹になります。

医薬品のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回の受診で約3000円の費用がかかります。

その上、万有製薬の公式価格ではプロペシアが1錠250円しますから診察料と薬代で、1か月1万円以上の費用がかかる計算になります。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも使われていますから薬剤師がいる薬局なら誰でも買う事ができます。

市販の育毛剤にはミノキシジルを配送している製品もありますが価格も7 000円以上とプロペシアなみです。

AGAとはどういったものかご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで男性に現れる頭髪が薄くなってしまう症状のことです。

薄毛や脱毛というものは古くから男性のテーマだったようでこれまでに数多くの育毛剤が生み出されてきました。

近年、やっと医療機関で治療を受けられるようになりましたが医療費は保険が使えない自己負担診療になります。

医療費負担は大きいですが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも薄毛・抜け毛の症状が改善した人はグンと増えました。

しかし、AGA治療とは対処療法にすぎませんので、薬の使用を止めると元の薄毛状態に戻ってしまうのです。

AGA治療で使用されるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛(副作用の1つ)を誘発する場合があります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは薬が自分に合っていないのでは?と心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛が発症したということは効いている証拠ですので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくる準備が進んでいるということです。

初期脱毛を発症する期間はAGA治療を開始してから1から2ヶ月期間と言われミノキシジルを使用した場合でもこういった副作用があります。

AGA治療薬として定番のプロペシアは医師に処方箋を書いてもらわなければ買う事ができません。

医薬部外品のようにドラッグストアで販売されておらず自由診療なので保険の適用外でした。

近年では、プロペシアのジェネリック医薬品が販売され始めたのでAGA治療開始当初の半額以下で入手することが可能になりました。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品と同じ成分を使って後発医薬品メーカーが作る薬の事です。

安全性や有効性は先発医薬品で認められていますから通常20~25年程度かかる開発期間が3年程度に短縮できるメリットがあります。

AGA治療を安くしたいのなら育毛剤を使うのが良いと思います。

ミノキシジルが配合された塗り薬なら薬剤師がいる薬局で買う事ができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入する人もいるようですが安全面での保証がありませんのでやめたほうが賢明です。

頭皮の血行を改善して細胞活動を活性化させることがミノキシジルの薬効なので同様の効果がある保険適用薬を使えば安くすることができます。

ぬるめのお風呂に浸かりリラックスすることや飲酒を控えることもAGA治療には有効です。

AGA治療のCMに起用された最初の芸能人は爆笑問題のお二人でしたよね。

爆笑問題の二人がコマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は毛髪の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげか、AGA治療も一般的になりAGAの治療中と公言している芸能人の方も増えましたよね。

俳優さんや歌手の方も育毛剤のCMに起用されることも増え、AGAの治療に踏み出すハードルがかなり下げられましたね。

最近ではフサフサな人がCMに起用されているので育毛の必要性のなさに違和感が拭えませんが薄毛の人が起用されると、効果を疑ってしまうのかもしれませんね。

引用:てっぺんハゲ治療の安いおすすめ病院【てっぺんハゲ治す方法】