レーザー脱毛で毛嚢炎になるって口コミは本当?

医療レーザー脱毛後のリスクはいくつかありますが、その一つに毛嚢炎があります。
毛嚢炎は、毛とその周囲の火傷の事です。
個人差はありますが少し痒みが伴うため、痒くて爪でひっかいてしまうと、皮膚表面の菌が毛穴に侵入し、炎症が起こります。
レーザー脱毛による毛嚢炎の発生確率は低いと言われており、エステサロンのフラッシュ脱毛よりも発生率は低いです。
万一毛嚢炎が施術後に発生してしまった場合でも、医療レーザーは即座に医師が治療するので抗生剤の内服と炎症剤の塗布で症状は治ります。
次回の施術では毛嚢炎が生じたことを踏まえて照射が行われます。
レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と違って医療行為としての脱毛なので、症状が発生しても治療し、次回以降の施術も安心して受けることができるのです。