家出調査などを頼む際に選ぶ探偵を間違えると色々なトラブルに

家出調査などを頼む際に選ぶ探偵を間違えると色々なトラブルが起こることがあります。

例えば、「発見率98%以上の実績!完全成功報酬制」という広告が出ていたので依頼を考え連絡したところ、いい加減な調査が行われてしまうことなどです。

所在を確認したと報告を受けて行ってみたら無人だったという話もあります。

その人のケースでは再度、探偵に連絡をして確認したところ「尾行調査ではないから撮影の必要がない」と証拠写真もなく本当に調査したか不明という状態でした。

こういった問題が発生しないように成功率が100%近いなど不自然に高い数字の場合は注意することや証拠写真などを見せてくれるか打ち合わせ時に確認しておきましょう。

失踪して行方不明者を探偵が探してくれるサービスの総称を家出調査というそうですが家出調査とはどんなサービスなのでしょうか。

連絡のつかない人を自分で探しても見つからず、警察に届け出ても一向に自体が進展しないという場合が多くあります。

家出する原因で多いものは「借金」などが挙げられますが家出人の所在がわからないと原因を解決できません。

発見が遅くなるほど事件や事故に巻き込まれてしまう可能性が高くなります。

そのため、大きい事務所などは独自の情報網を用いて警察同様の調査ができます。

また、家出してから期間が空いていない場合は、また、失踪から期間が空いていない場合は、警察犬を育成している事務所もお勧めできます。

家出人探しをする際の重要事項を家出調査を行う探偵に聞きました。

まずは家出状況の確認をしましょう。

例としては、家出時間がいつ頃か、そのときの服装はなんだったのかなどです。

朝早くの家出だった場合は計画的な場合が多く、電車などを使って遠方に向かう場合があるようです。

夜間の場合は逆に近場の友人宅などが行き先になっていることが多いようです。

家出当日の朝など直前の服装が分かっている場合は忘れないうちにメモをしておきましょう。

何がなくなっているかで行き先や長期間の計画かが判断できる材料になります。

どのくらい服を持っていったかで長期の計画かどうかを推測できます。

この前、驚いた話を探偵の方がしていました。

それは、行方不明届けが毎年8万件以上あるという話です。

これは警察に届けられたカウントできた件数なので実際はその何倍にもなると言われています。

行方不明者は早く探し出すことが重要とされ、緊急性の高さや失踪原因からベストな方法を選ぶ必要があります。

家出調査と同様にまず最初に確認する必要があるのは通帳や印鑑、替えの下着などがなくなっている場合は意図的な家出であると推測できます。

最近では、昔ながらのビラ配りと並行してSNSを活用して探す場合も増えています。

もし、遺書などが見つかった場合はすぐに警察に届け出をしましょう。

全国に拠点を構えている探偵事務所では人海戦術を使うこともできます。

普段、使わないサービスってありますよね。

例えば家出調査を始めとした人探しのプロである探偵への依頼などです。

自分とは縁がないと思っていても突然自分の身に降りかかることもあります。

その際の料金相場はどうなっているのか調べてみました。

1回の人探し調査の相場は50から80万円が多いそうです。

人探しの主な料金内訳は交通費や宿泊費などの経費や調査員の出張費などの人件費が主な内訳になります。

遠方での調査を行うことになったり、深夜や早朝の調査を行った場合はまた、別料金が発生することもありますので経費込み料金が記載されている事務所で依頼する際はどの範囲まで含まれるかなどを確認しましょう。

先日、探偵ものの作品を見ていたときにふと疑問に思ったことがあります。

それは現実の探偵はどういった仕事をやっているのかという疑問です。

同じことを思っている人は多いのかネット上にその疑問を解決する答えが載っていました。

実際の仕事で最も多いのは浮気調査のようです。

1分単位で対象者がいつ・どこで・何をしていたかを調査します。

浮気調査の報告書は証拠としての信頼性が高く裁判になったときに有利になるそうです。

次に多いのが失踪者・行方不明者探しを含む家出調査です。

家出するのが多い年代は10代・20代という話もあり、家出の理由としては受験の失敗や怒られてというのが多いようです。

最近の人探しではアプリを使うことが増えています。

これは家出調査でも使い方によっては役立ちます。

例えば、iPhoneに最初から入っている「iPhoneを探す」機能や共通の友人や知人から連絡を取ってもらうこともできます。

ただ、相手側がGPS位置の送信をオフにしていると無効化されます。

アンドロイド端末では盗難防止アプリなどの利用も考えられます。

盗難時を考えているのでPCから遠隔でスマホのロックをかけて使用できなくしたり間違った情報が載っている場合もあることやこういったアプリを活用する際の注意点として、ネット上には間違った情報があることは頭に入れておかなければいけません。

どんな行動でもやり方は1つではありません。

それは家出調査などの人探しでも同じことが言えます。

主な方法としては自力で捜索、警察による捜索、探偵事務所へ依頼をしての捜索の3つになります。

ほとんどの場合、自力での捜索と探偵を使っての捜索をする形になることが多いです。

なぜかというと原則として警察は何かが起きてからでないと動けないからです。

そのため、最初に私物を確認しましょう。

その際に、洋服や大金、印鑑などを持っているのがわかれば意図的な家出と判断できますし、仮に遺書なんかが出てきたら内容が家出先の大きな手がかりになることもあります。

浮気調査や家出調査などの自力で行うのは難しい調査を行ってくれる探偵業ですが依頼時に気になるのは期間や費用ですよね。

浮気調査の場合では、総額が10万円?100万円とピンキリです。

基本的に浮気調査にかかる費用の大半は人件費となっており1時間あたりの費用は調査員2名で平均1.5万円?2万円になっています。

そのため、浮気の度合いや頻度などの証拠を1週間単位で得たいのか調査期間も費用も大きな違いが出ます。

そのため、一概にこれくらい費用を用意しておけば大丈夫という確実な金額はなく料金が高そうで不安、という方は無料相談窓口を利用したり依頼時に期間や集める証拠について確認しておきましょう。

実行したかはわかりませんが皆さんも1度は家出を考えたことはないでしょうか。

自分の場合は弟とのケンカでしたが他の人の理由はどういったものがあるのでしょう。

ネットで調べてみたところ家出調査のプロである探偵の話を見つけました。

探偵事務所の行う家出調査は失踪人探しも含まれるので厳密には異なるかもしれませんが、主な理由としては「借金」や「非行」、「うつ病」などとなっています。

いずれにしてもできるだけ早く見つけることが大切です。

探す場合は、着替えを持っていったかなど私物の確認をすることで意図的な家出かそうでないかの判断基準にできる可能性があるほか、行き先の手がかりにつながる情報が見つかるかもしれません。

自分は大丈夫と思っている人ほど巻き込まれるケースがありますよね。

例えば、海外旅行した際に財布を盗まれることや突然、家族が失踪して連絡がつかなくなるといったことです。

盗難防止の方法はTVなどいろいろなところで周知されていますqが人探しの方法はあまり特集されていないと思います。

家出調査のプロである探偵の方に探し方を教えてもらいました。

多くの人が最初は自力で探すことを考えると思います。

その際、まずチェックしたいのが私物の確認です。

何を持ち出しているかわかれば意図的かそうでないかの判断がつきます。

もし車もない場合は一気に行動範囲が広くなるので自力での人探しの難易度が上がります。

世の中には色々なサービスが存在しています。

中には依頼しても望んだ結果にならない場合もあります。

例としては、家出調査などを行う探偵への依頼です。

どういった理由で失敗してしまう可能性があるかというと探している人が長期間行方不明になっている場合では最新の情報が古く引っ越している場合など捜査範囲も捜査範囲が日本全国に広がることも考えられるからです。

他にも、探す理由がストーカーの手助けになる可能性やDVが原因による家出の可能性がある場合はそもそも依頼自体を断られることが多いです。

しかし、自力捜索よりも早く見つかる可能性は高いので行方不明者を探す場合は探偵に依頼しましょう。

学生時代の友人に久々に連絡をしようと思ったら急に連絡がつかなくなって音信不通状態ということがありました。

そこで行方不明者の捜索について気になったので調べてみました。

自力で探すのも1つの手段ですが探せる範囲に限りがあります。

実際はその倍以上になると言われています。

その際に多くの方は初動で自力で探すと思いますが家出調査を行う探偵の話では4日間以上行方も連絡もない場合は地道な聞き込みや張り込みなどを行うことができます。

また、別のメリットとしては個人情報保護法の観点などから1週間以上経ってからの依頼では発見率に大きな違いが出るそうです。

ほとんどの方が縁がないと思われる家出調査サービスですが何かがあって依頼をする場合、いつまでにするのが良いのでしょうか。

結論から言うと、家出から何日か経過して連絡がなければすぐに探偵や興信所へ調査依頼しましょう。

探偵の方のデータによると、家出・失踪から1週間以上経過していると見つかる確率が一気に低くなるそうです。

喧嘩した旦那の家出だからと甘く考えてしまい時間が経過してからの依頼では行動を予測するのも難しくなっていきます。

また、見つかるのに日数がかかりすぎてしまうので費用が高くなってしまいますので、早めに相談・依頼をしましょう。

急に知人と連絡がつかなくなった場合、最も重要なのは1秒でも早く捜索を始めることです。

喧嘩した旦那だろうが気の合わない姑だろうがこの場合関係ありません。

行方不明のままでは思わぬリスクや事件を招く恐れがあります。

しかし、行方不明者探しの経験のある人は少ないと思います。

家出調査のプロとも言える探偵事務所の方に家出人探しの方法を聞きました。

最もイメージされやすいのが警察による捜索です。

他にも自力での捜索や探偵による捜索の3種類の方法に分類されます。

警察による捜索は事件性が高く人命に関わる恐れがないとあまり動くことはなく、まず最初は家の周りを探すなど自力での捜索を行うことが多いと思います。

その場合は持ち出している物の確認やよく行くスポットがわかっていればそこを探してみましょう。

引用:子供の家出・行方不明捜索・人探しにおすすめ【安い探偵事務所】