スマホやSNSで出会いを見つける方法

CMでも見かけるようにネットゲーム全盛期ですから、仮想世界での出会いから恋が始まったケースもあるようです。

しかし、現実は厳しいようですよ。

仮想世界でいくら距離を詰めても、住所地が遠く離れていたら会うのにお金も時間もかかり、気持ちが冷めてしまうようです。

どうしてもというならネトゲもありですが、出会いサイトに比べると出会いの確率が低く、分が悪いです。

実名を公表して出会い系サイトを使っているという人は珍しいですよね。

でも、苗字はともかく名前はそのまま本名を登録しているという人は珍しくないでしょう。

メールやサイトでやり取りをしあって仲良くなってくると、相手が現実の友人と同じような錯覚に陥り本名を伝えてしまう事がありますが、顔も分からず、本当に信用できるか分からない相手にこうした情報を教えるのは危険ですから、こうした行動は厳禁です。

例えばフェイスブックに登録している場合、フェイスブックの設定によっては相手に教えた本名からフェイスブックが辿られてしまい、プライベートな情報まで流出してしまう危険があります。

ナンパで出会って結婚した友達もいますが、これはむしろ例外で、結婚どころかお付き合いにも至らない場合が多いでしょう。

車に乗ってしまえば完全に相手に主導権を握られますから乗らない方がいいですし、判断力が鈍るお酒も避けておくべきです。

ナンパはいつも無視するんですが、以前、出会い系サイトを利用し、親しくなった男性と直接会ったことがありました。

昼間にカフェで会えば危険もなく、好みの男の人と知り合えることもあって、使い方次第では有用でしょう。

同じアルコールが入る場合でも合コンと違い、立ち飲みでの恋は、お互いシラフではないせいか、恋人になるまで続かないことが多く、せいぜい2回目で「違うな」と気づいて終わるのだとか。

また、立ち飲みの店に妙に慣れていたりするのも、今後を考えると心配になりませんか。

職場が同性ばかりの人の出会い系サイト利用率は高いですから、行きずりではない恋を見つけたければ、アルコール抜きで知り合える出会い系サイトとかを利用したほうがよほどいい結果が出せると思います。

女性も男性も両方無課金で使える出会い系のサイトも存在します。

無課金の場合は出会いの邪魔になるサクラなども気にしないですみますね。

ただ、悪徳業者が個人データを引き出すために利用者として入り込んでいる場合もありますから、警戒した方がいいでしょう。

さらに、課金なしのシステムの場合、利用者が多いので、著しく常識を欠く人物がいることもあります。

出会い系アプリには様々な種類のものが登場していますが、人気のアプリにはLINEのID交換がメインになっているアプリがあります。

年齢や性別はもちろん、地域も絞り込めますから、出会い系サイトほど手間が無く出会うことが可能なのです。

一度でも出会い系サイトを使ったことのある方なら分かると思いますが、出会い系サイトでは親密になるまで時間がかかり、LINEのIDについては聞き方やタイミングに気を遣うものですが、先に書いたような出会い系アプリを使えば、LINEについては気にすることなく相手と親密になっていけるでしょう。

出会い系サイトというとちょっと危ない印象があったのですが、結婚した私の友人が旦那さんと知り合ったのは出会い系サイトだったそうなんです。

お互いが結婚願望を持っていたそうで、会って交際を始めてからも居心地がよかったそうで、すぐ結婚を決めたと言っていました。

友人はすごく旦那さんに大切にしてもらっているそうで、出会い系サイトを利用すると良い出会いが期待できることが分かりました。

彼氏のいない女性だけで、ナンパしてもらえないかなと期待して旅行に行ったんです。

でも、しつこく車に乗ってよと勧めてくる男性二人組だったり、社員旅行中の社長さんからナンパされたり、まったく成果を得られませんでした。

これではまずいので、昔みたいに出会いサイトに切り替えて彼氏探しをすることにしました。

学生のころはチヤホヤされたものですが、さすがに30近いので当時ほど人気を集めることはできないかもしれないです。

出会い系サイトを本気で利用しようと思ったら、プロフィール登録は軽視してはいけないところです。

まったく見も知らぬ相手同士ですから、メッセージとプロフィールを手がかりにするほかないからです。

それでどのように書くのかというと、あまり力みすぎてもいけませんが、真面目にですます調で、自分のことを具体的に書くといいでしょう。

自分を大きく見せようとか、自慢話を書いてしまうと、女性はひいてしまうようですので、気をつけましょう。

出会い系サイトに登録している女性のプロフィールをみて、多くの女性に対してファーストメールしてみても、残念ながら、返事が来ない事もよくあります。

このような状態に慣れてしまうと、かえってその返信のセカンドメールはどうしようと困るという話もよく聞きます。

とはいえ、嬉しさで舞い上がって長々と自分のことを書いたメールを返信するのはNGです。

セカンドメールについても、丁寧で親しみやすく、そして適度な長さのものを送るようにするのがコツです。

出会い系サイトにはメリットもデメリットもあることを知っておきましょう。

利用者の人間関係の希薄さや人恋しさといった弱みを握って金銭をだまし取る詐欺や犯罪が行われていることもありますし、会ってみたら、サイトでのやり取りが嘘のように暴力的な言動の男性ということも珍しくありません。

あるいは、既婚者であるのにもかかわらず、遊び相手を探すためにサイトを利用している既婚者だって存在するのです。

それとは逆に、出会い系がキッカケで結婚できたという話も珍しくありませんので、出会い系がプラスに働くかどうかは、人それぞれといった部分があることは否定できません。

サイトやアプリを使って出会い系に登録している人は遊び人と思っている人が少なくないようですが、本当は真面目に出会いを探しているユーザーも少なくありません。

忙しすぎて出会いのない人、学部も職場も理数系で「そんな自分を敬遠しない女性」を求めているケースなども多いです。

理系の人は堅いと言われますが、リアルで対面すると意外ににこやかだったり、深い心配りのある人が多いです。

時々話に聞くのですが、出会い系サイトによっては課金目的でサクラを使っている事があるのです。

サクラの多くが、芸能人のような容姿や魅力的なプロフィールで登録していますから、騙されやすいと言えます。

仮に、このサクラに引っ掛かってしまうと、どれだけメールを引き延ばされても絶対に、直接会うことは出来ませんから、ハッキリ言って、相手にするだけ無駄なのです。

サクラに引っ掛かって時間やお金を無駄にしない為にも、出会い系サイトを利用しようと思ったらその前に、口コミやレビューで情報を集めておき、怪しいサイトは避けるよう、自分でしっかりと調べておきましょう。

一時期の勢いには及ばないとはいえ、スマホアプリのモンスト人気のおかげで、mixiというSNSを使って、彼氏や彼女ができた人もいます。

日記などを閲覧すればお互いについて理解を深められますし、共通のコミュニティでの交流後、オフ会で仲良くなり、恋愛に至るようなこともあるかもしれません。

ただし、恋人を作りたいのであれば、出会い系サイトに頼った方が恋人ができる確率が上がるかもしれません。

異性と良い雰囲気になることを期待してテニスクラブに入会したのに、良さそうな人は既婚者ばかり。

痛い人ばかりに誘われるという衝撃のパターンもあるみたいです。

恋を見つけたいと思ったら、最初から出会い系サイトなどを使うのも、ありですよね。

同じ趣味の人を見つければ、いずれ二人でおそろいのウェアでテニスを楽しむという夢が本当になるのです。

引用:彼女が欲しいけど出会いがない!そんなお悩みを解決できる最新アプリ3選